身体的距離のCoVID-19に対する予防効果は限定的

世界各国で行ったSocial distancingの効果が、SARS-COV2のようなステルス性の高いウイルスの場合、どの程度有効なのかが分からないまま、スペイン風邪やSARS-COV1やMERSでの経験から行われた。

(どれも過去にはある程度、効果を発揮した手法だ。)


CoVID-19の流行初期の移動制限は有効だが、ある程度広がると、公共交通機関の封鎖の追加的効果は得られない。


クラスターが殆どできない学校の封鎖は(インフルエンザとは違い)殆ど無意味だろう。


潤沢なPCRリソースに基づいたクラスター追跡が完全にできている国以外では、最早抑え込むことは不可能になっている。

この経済的ダメージが大きい手法によって、たった13%しか減らせないのなら、手洗いと屋内のUniversal masking だけで十分ではないかと私は思う。


殆ど患者がいない地域や施設を中心に隔離して、貧弱なPCRのリソースをリスクが高い集団に適応するしか、方法がないように思うのに、未だに健康な若いスポーツ選手に行っているのは、理解し難い。



(※ 以上、管理者注 2020/07/30記載)


***************************************************

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への介入としての身体的距離(フィジカルディスタンス)の確保は、COVID-19の発生を13%抑制し、移動制限(封鎖)は実施時期が早いほうが抑制効果は大きいことが、英国・オックスフォード大学のNazrul Islam氏らが世界149ヵ国を対象に実施した自然実験で明らかとなった。研究の成果はBMJ誌2020年7月15日号に掲載された。COVID-19に有効な治療レジメンやワクチンのエビデンスがない中で、感染を最小化するための最も実践的な介入として、身体的距離の確保が推奨されてきた。この推奨の目標には、公衆衛生や保健サービスにおけるCOVID-19による負担の軽減や、この疾患の予防と管理のための時間の確保も含まれている。これらの介入の有効性に関するこれまでのエビデンスは、主にモデル化研究に基づいており、実地の患者集団レベルの有効性のデータは世界的に少ないという。


分割時系列解析による自然実験の結果をメタ解析で統合

 研究グループは、身体的距離の確保とCOVID-19の世界的な発生の関連を評価する目的で、国別に分割時系列解析による自然実験を行い、得られた結果をメタ解析で統合した(筆頭著者は、オックスフォード大学ナフィールド公衆衛生学科[NDPH]から給与の支援を受けた)。


 解析には、欧州疾病予防管理センターから毎日報告されるCOVID-19患者のデータと、オックスフォードCOVID-19政策反応追跡(Oxford COVID-19 Government Response Tracker)からの身体的距離の確保に関するデータを用いた。対象は、2020年1月1日~5月30日の期間に、5つの身体的距離の確保(学校閉鎖、職場閉鎖、公共交通機関閉鎖、大勢の集まりや公的行事の規制、移動制限[封鎖])のうち1つ以上を、少なくとも7日間実施し、30例以上のCOVID-19患者が発生した国であった。


 主要アウトカムは、身体的距離の確保による介入の導入前後のCOVID-19発生率比(IRR)とし、5月30日または介入後30日目のいずれか先に到達した日のデータを用いて推定した。IRRは、変量効果によるメタ解析を用いてすべての国のデータを統合した。


公共交通機関閉鎖を除く4つと、5つ全部で抑制効果に差はない

149ヵ国が1つ以上の身体的距離確保による介入を行っていた。学校閉鎖のみのベラルーシと、学校閉鎖と大勢の集まりの規制のみのタンザニアを除く国が、3つ以上の介入を実施していた。5つ全部を実施したのが118ヵ国、4つが25ヵ国(日本は公共交通機関閉鎖以外の4つを実施)、3つが4ヵ国で行われていた。


 身体的距離確保の実施により、COVID-19の発生が全体で平均13%低下した(IRR:0.87、95%信頼区間[CI]:0.85~0.89、p<0.001、149ヵ国)。日本は、4つの介入の実施によりCOVID-19の発生が6%抑制された(0.94、0.90~0.99)。


 介入前と比較したCOVID-19発生の低下率は、5つの身体的距離確保を実施した国(統合IRR:0.87、95%CI:0.85~0.90、118ヵ国)と、4つを実施した国(0.85、0.82~0.89、25ヵ国)で類似していた。3つを実施した国(0.88、0.77~1.00)では、COVID-19発生率の変化が小さかったが、適用されたのは4ヵ国のみだった。


 学校閉鎖、職場閉鎖、大勢の集まりの規制、移動制限が実施された場合のCOVID-19発生の低下(統合IRR:0.87、95%CI:0.84~0.91、32ヵ国)は、これに公共交通機関閉鎖を加えて5つすべての介入を行った場合(0.85、0.82~0.88、72ヵ国)とほぼ同等で、付加的な抑制効果は得られなかった。また、学校閉鎖、職場閉鎖、大勢の集まりの規制が実施された場合のCOVID-19発生の抑制効果もほぼ同様であった(0.85、0.81~0.89、11ヵ国)。


 介入の順序に関しては、移動制限を早期に実施した場合(統合IRR:0.86、95%CI:0.84~0.89、105ヵ国)のほうが、他の身体的距離確保による介入後に遅れて移動制限を行った場合(0.90、0.87~0.94、41ヵ国)に比べ、COVID-19発生の抑制効果が大きかった。




Physical distancing interventions and incidence of coronavirus disease 2019: natural experiment in 149 countries.


BMJ (Clinical Clinical research ed.) 2020 07 15 ;

370;m2743. doi: 10.1136/bmj.m2743.


Nazrul Islam, Stephen J Sharp, Gerardo Chowell, Sharmin Shabnam, Ichiro Kawachi, Ben Lacey, Joseph M Massaro, Ralph B D'Agostino, Martin White


Abstract

OBJECTIVE :

To evaluate the association between physical distancing interventions and incidence of coronavirus disease 2019 (covid-19) globally.


DESIGN :

Natural experiment using interrupted time series analysis, with results synthesised using meta-analysis.


SETTING :

149 countries or regions, with data on daily reported cases of covid-19 from the European Centre for Disease Prevention and Control and data on the physical distancing policies from the Oxford covid-19 Government Response Tracker.


PARTICIPANTS :

Individual countries or regions that implemented one of the five physical distancing interventions (closures of schools, workplaces, and public transport, restrictions on mass gatherings and public events, and restrictions on movement (lockdowns)) between 1 January and 30 May 2020.


MAIN OUTCOME MEASURE :

Incidence rate ratios (IRRs) of covid-19 before and after implementation of physical distancing interventions, estimated using data to 30 May 2020 or 30 days post-intervention, whichever occurred first. IRRs were synthesised across countries using random effects meta-analysis.


RESULTS :

On average, implementation of any physical distancing intervention was associated with an overall reduction in covid-19 incidence of 13% (IRR 0.87, 95% confidence interval 0.85 to 0.89; n=149 countries). Closure of public transport was not associated with any additional reduction in covid-19 incidence when the other four physical distancing interventions were in place (pooled IRR with and without public transport closure was 0.85, 0.82 to 0.88; n=72, and 0.87, 0.84 to 0.91; n=32, respectively). Data from 11 countries also suggested similar overall effectiveness (pooled IRR 0.85, 0.81 to 0.89) when school closures, workplace closures, and restrictions on mass gatherings were in place. In terms of sequence of interventions, earlier implementation of lockdown was associated with a larger reduction in covid-19 incidence (pooled IRR 0.86, 0.84 to 0.89; n=105) compared with a delayed implementation of lockdown after other physical distancing interventions were in place (pooled IRR 0.90, 0.87 to 0.94; n=41).


CONCLUSIONS :

Physical distancing interventions were associated with reductions in the incidence of covid-19 globally. No evidence was found of an additional effect of public transport closure when the other four physical distancing measures were in place. Earlier implementation of lockdown was associated with a larger reduction in the incidence of covid-19. These findings might support policy decisions as countries prepare to impose or lift physical distancing measures in current or future epidemic waves.